※この記事で使用しているUnrealのVersionは04.26.0です。

例えば、EditorUtilityWidgetに「DetailViews」Widgetを入れ、そのターゲットオブジェクトにEditorUtilityObjectを生成して入れてあげます。

EditorUtilityObjectのクラスには、「CallInEditor」にチェックを入れた関数を用意します。

しかし、EditorUtilityWidgetを起動しても、CallInEditorを付けた関数のボタンは自動生成されません。

ObjectDetails.cppの

void FObjectDetails::AddCallInEditorMethods(IDetailLayoutBuilder& DetailBuilder)

この中の110行目のcontinue;をコメントアウトします。

すると、表示されるようになります。

これは、4.22までは「FEditorUtilityInstanceDetails」なるクラスがあったけど、 4.23以降では、なくなってこの部分の分岐があまり意味をなしていないようです。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です