※この記事で使用しているUnrealのVersionは04.26.0です。

AnimSequenceの場合は、AnimSequenceのフレームレートを参照してTimelineのフレームレートは表示されます。

しかし、AnimMontage,AnimCompositeの場合は、フレームレートに関係なく30fps表示になってしまいます。

AnimModel.cppの55~65行目

double FAnimModel::GetFrameRate() const

に、AnimSequenceのときとそうでないときで処理が分けられているようです。

double FAnimModel::GetFrameRate() const
{
if(UAnimSequence* AnimSequence = Cast(GetAnimSequenceBase()))
{
return (double)AnimSequence->GetFrameRate();
}
else
{
return 30.0;
}
}

ここの直値の「30.0」を任意の値に変えると、AnimMontage、AnimCompositeでのTimeline表示が変わります。

return 60.0; にしてみた↓

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です